HOME > インターライ・ケア研究会組織について

インターライ・ケア研究会組織について

インタラーライ・ケア研究会は、インタラーライ方式の研究と普及の活動を通じて、 質の高いケアマネジメント目指す有志による組織です。

インターライ・ケア研究会とは

設立の趣旨

超高齢社会における「ケア」や「介護予防」の手法及びシステムの確立は、保健・医療・福祉の各職種が共同で取り組むべき学際的な課題です。このような課題に対応すべく、国際的な介護の専門家組織であるインターライ(interRAI)は、包括的なケアプラン手法としてMDS方式(現:インターライ方式、以下同じ)を開発し、それが各国・各界で評価され、活用されています。
1998年9月、日本及び東アジアにおけるMDS方式に関する研究・窓口等の拠点として、インターライ日本委員会を設置いたしました。本委員会は、アメリカに事務所を置くNPO法人inter RAI corporation から設置が認められた任意団体で、MDS方式による高齢者ケア等の向上に関する調査研究、研修会の開催、出版物の刊行、各種2次著作物に関する意見提示やソフトに関する検定を行ってきました(2011年11月改訂以降のインターライ方式に関するソフト開発や著作権管理については、NPOインターライ日本が執り行っています)。
その後、介護分野におけるインターライの国際的な実績を踏まえ、MDS方式ユーザーの実践経験、研究成果を広く周知するため、2002年3月、インターライ日本委員会を母体として「日本MDS学会」を設立いたしました。以降、ケアマネジメントに資することを目的に、MDS方式に関する研究、普及、活用を目指す個人および法人によって会員を構成し、相互に研鑚と交流を深めてまいりました。
2011年11月、MDS方式からインターライ方式への改訂に伴い、インターライ・ケア研究会と改称し、継続して活動を進めています。

設立年

2002(平成14)年3月

役員

会長
新津ふみ子(日本社会事業大学大学院福祉マネジメント研究科教授)
副会長
山内慶太(慶應義塾大学看護医療学部・大学院健康マネジメント研究科 教授)
高野龍昭(東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科准教授)
川添チエミ(財団法人仁風会 嵯峨野病院 財団本部 企画部兼在宅事業部 部長)
事務局長
五十嵐智嘉子(一般社団法人 北海道総合研究調査会 理事長)
会計監事
小山峰志(医療法人永和会 介護老人保健施設かなえ 施設長)
顧問
池上直己(聖路加国際大学臨床疫学センター 特任教授)

その他の役員については随時、学会長により選任される

会員構成

(1) 個人会員
インターライ方式を利用しており、研究や交流を介してさらに研鑚したいとする意欲のある個人
(2) 法人会員
インターライ方式を採用している施設や病院、在宅ケア機関で、共同研究等に参加する法人
インターライ方式に賛同し、同方式に関連する事業を行う団体・法人

会費

(1)個人会員
年5,000円
(2)法人会員
一口年50,000円

ページの先頭へ

インターライ・ケア研究会組織について