インターライ・ケア研究会組織について

インタラーライ・ケア研究会は、インタラーライ方式の研究と普及の活動を通じて、 質の高いケアマネジメント目指す有志による組織です。

関連機関

inter RAI corporation(インターライ本部)

http://www.interrai.org/

インターライ方式の開発は1987年にアメリカで始まり、その後、世界各国の高齢者ケア研究者の注目を集め、日本や西欧でも導入・開発が進みました。インターライが世界的な広まりを見せる中、1994年、日米欧のインターライ研究者らにより、国際研究組織としてinter RAI corporationが設立されました(アメリカ合衆国ワシントンでNPO法人として認可)。

特定非営利活動法人インターライ日本

http://interrai.jp/

1998(平成10)年9月にインターライ本部(inter RAI corporation)の日本及び東アジアの地区センターとして、インターライ日本委員会(任意団体)が発足しました。これを前身として2011(平成23)年6月、NPO法人インターライ日本が設立され、インターライ方式に関連する調査・研究と普及・啓発および出版・ソフトウェアの管理・運営等の事業を実施しています。(事務局;慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室)。

QI研究会

http://interrai.jp/qi/

QI研究会は、ケアの質を評価する際の指標;QI(Quality Indicators)に関する研究を目的に、インターライ日本委員会(現:NPO法人インターライ日本)を母体として2008(平成20)年度に組織されました。MDS方式(現インターライ方式)のアセスメントのデータベースを構築・管理し、それを元にQIの開発と検証、及びQIをケアにフィードバックし質の向上に結び付けていくサイクル;TQM(Total Quality Movement)の研究に取り組んでいます。

特定非営利活動法人ふくし@JMI(宮城県)

http://www.npojmi.com/

特定非営利活動法人メイアイヘルプユー(東京都)

http://www12.ocn.ne.jp/~meiai/

愛知MDS研究会(愛知県)

http://www.aichi-mds.org/

京都ケアマネジメント研究会(京都府)

http://mdskyoto.fc2web.com/

ページの先頭へ